ビール片手に映画ナイト☆オブ・ザ・デッド

↑このくまたんを押してもらうと、他のレビューが見れます。ホラー・サスペンス・コメディ・カルト・ミニシアター系を主にほぼ毎晩観ています♪ゾンビLove♪スプラッターLove♪音楽とかわいいもの、ビンテージものもLoveです♪ 過去に観た作品のレビューをゆっくりゆっくり他場所から移行しつつ、新しいのもアップしていくつもりです。なので時系列がめちゃくちゃですみません。

2015-05-30から1日間の記事一覧

『非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎』

アウトサイダーアートという芸術。フランス語では元々アールブリュット(「生の芸術」)と呼ばれています。芸術の教育を受けず、誰からの影響も受けず、流行に流されず、発表するためではなく、己の為にだけに創造される芸術の事です。狭い意味では、知的障害…

『アクト・オブ・キリング』

1965年9月30日深夜にインドネシアで発生した「9・30事件」後の大虐殺を描いたドキュメンタリー作品。ベルリン国際映画祭観客賞受賞、アカデミー賞にもノミネートし、数々の賞を受賞。 事件後、軍の独裁が始まるの。 反対する100万人をこす一般の人々がプレマ…

『罰ゲーム』

『罰ゲーム』 原題『simon says』 2006年アメリカ映画 主人公ケイト。(後に出てくるサイモンに惚れられる。) その彼氏リフ。体育会系だがそこそこいいやつ。 葉っぱ吸いまくりラリラリのザック。ヴィッキー狙い。 チャラ女でリフにせまるヴィッキー。 友達に…

『アデル ブルーは熱い色』

女子高生のアデルは、ある日街で青い髪の女性とすれ違う。視線を投げ交わす二人。アデルの一目惚れだった。 彼女を探して入ったレズビアンバーで再び出会い、アデルとエマの恋愛が始まる。高校生と美大生から、社会人になってからまでの数年間の恋愛模様を描…

『黒猫・白猫』

ユーゴスラビアのエミール・クストリッツァ監督の1998年の作品。ジプシー一家男3世代と、マフィアたちの話。父親マトゥコは何をやっても失敗だらけ。新興マフィアのダダンにだまされ、借金をおう羽目に。 その借金をチャラにすると持ちかけられた話が、身長1…

『アンダー・グラウンド』

『アンダーグラウンド』『ライフ・イズ・ミラクル』『黒猫・白猫』のエミール・クストリッツァ監督の1995年の映画。彼の祖国である旧ユーゴスラビアの、第二次世界大戦からユーゴ内戦、そして国の消滅までを描いたもの。「昔、ある所に国があった」のテロッ…

『モナリザ』

『モナリザ』1986年。監督は『クライング・ゲーム』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』『ビザンチウム』などのニール・ジョーダン 7年のムショ暮らしからシャバにでたジョージ。 戻っても妻からは追い出され、娘とも会わせてもらえない。自分が身代わり…

『ぼくを探しに』

『ぼくを探しに』 原題『アッティラ・マルセル』 2歳の時に両親と死に別れて以来一言も話さないポール。 ピアニストの彼は、あくの強い叔母2人と暮らしている。33歳。 あるとき、盲目の友人を追って偶然入った同じアパルトマンの不思議な部屋。 そこは部屋中…

『フランシス・ハ』

『フランシス・ハ』 2012年アメリカ映画舞台はNYダンサー実習生のソフィー。27歳。 ブルックリンで大学からの親友ソフィーと暮らしてて最高に幸せ。 彼氏から同棲しようって誘われたが、ソフィーがいるから無理って断り関係が破談になった直後に、ソフィーが…

『おろち』

『おろち』 楳図かずおの原作です♪ 楳図かずおは大好きだけど、ほんっとに邦画をみない(白石監督を除く)ので、一本もかずお先生原作の映画を見た事なかった~ これは『おろち』(何百年も生きている少女、おろちが様々な人間の命と人生を垣間見るオムニバス)…

『トム・アット・ザ・ファーム』

『トム・アット・ザ・ファーム』 2013年 カナダ・フランス映画 恋人ギョームを亡くしたトムは、葬式のために彼の実家の農場に向かう。しかし、ギョームは同性愛であることを隠しサラという彼女がいると母に嘘をついていた。ショックをうけるトム。一方で、同…