読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビール片手に映画ナイト☆オブ・ザ・デッド

↑このくまたんを押してもらうと、他のレビューが見れます。ホラー・サスペンス・コメディ・カルト・ミニシアター系を主にほぼ毎晩観ています♪ゾンビLove♪スプラッターLove♪音楽とかわいいもの、ビンテージものもLoveです♪ 過去に観た作品のレビューをゆっくりゆっくり他場所から移行しつつ、新しいのもアップしていくつもりです。なので時系列がめちゃくちゃですみません。

『スプリング ブレイカーズ』

退屈な毎日をおくる女子大生4人。
そこから抜け出すために、どうしてもスプリングブレイク(アメリカの大学生の春休み=かなりはめを外して楽しむ、メチャクチャする)を楽しみたいが、お金が無い。
彼女たちがとった行動は強盗だった。
で、念願どおりフロリダでスプリングブレイクを心から楽しむ。
しかし、エイリアンと呼ばれる怪しげな男と出会い……

監督はハーモニー・コリン
彼のスタートは「KIDS」の脚本を19歳で書いたことに始まる。KIDSは、私のベスト10に入る映画。監督はラリークラークという写真家で、この人も本当に大好きな監督。昔、映画館でこの映画をひとり(マジでひとり笑)で見て以来、ずっとずっと心に染み込んでいる映画。
その後、ハーモニー・コリンは監督となり「ガンモ」「ジュリアン」と撮り、その最新監督作品。前作の「ミスターロンリー」は、号泣した。

で、本作に戻ると…まず、映像の色彩がものすごく良い。ビビッドで、でも光の見せ方が切ない。 たまらなく良い。
製作総指揮のアニエスbが衣装担当をしてるのかどうかは知らないけど、服装もかなり色鮮やか。かつ、場面によって変わる。

前半は、ほんとバカなアメリカの若者のバカ騒ぎで、バカだな~アホだな~くそだな~と(笑)
後半はガラッと雰囲気が変わってくる。

この映画は、多分つまらない人にはすごくつまらなくてイライラする映画だと思う。
でも、私には、きた。
現代の青春映画だと思う。
いつの時代にもある「他と違いたい」「青春を満喫したい」「有名になりたい」「今いる世界から脱したい」「お金が欲しい、好きなことをしたい」っていう若者の願望を描いた映画だと思う。

私はもう大人で、青春も終わってしまったけど、40代のハーモニー・コリンが、今もなお、こういう青春映画を描ける事が素晴らしいと思う。

星5。私はね。
あと、おっ ぱい丸出しだから(笑)
外国人のおっ ぱい見たかったらお勧め(笑)

余談。学生の時に、ちょうど春休みにフロリダに行った事がある。映画みたいなバカなアメリカ人がわんさかいて、弟と「バカアメリカ人」って笑ってた。でも、大西洋の夕日と海岸が美しくて素晴らしくて。再見できて嬉しかった