ビール片手に映画ナイト☆オブ・ザ・デッド

↑このくまたんを押してもらうと、他のレビューが見れます。ホラー・サスペンス・コメディ・カルト・ミニシアター系を主にほぼ毎晩観ています♪ゾンビLove♪スプラッターLove♪音楽とかわいいもの、ビンテージものもLoveです♪ 過去に観た作品のレビューをゆっくりゆっくり他場所から移行しつつ、新しいのもアップしていくつもりです。なので時系列がめちゃくちゃですみません。

『chaned チェインド』

チェインド [DVD]

9歳の少年ティム。母と映画を見た帰りにタクシーに乗り、そのタクシー運転手に母を殺され、監禁されてしまう。
鎖で繋がれ、連続殺 人犯であったタクシー運転手ボブ(ヴィンセント・ドノフリオ)の殺 人の死体処理や身辺の世話をさせられるティム。食べるものもわずか。彼はラビットと名付けられ、9年の月日が流れた………
ボブは、ラビットに対して、確固たる支配者でありつつ、時に父親の様な寛容さで接し、人体について勉強させる。
9年………18歳になったラビットは、この状況から脱する事ができるのか………

ホラーというよりは心理サスペンスドラマ。
ボブとラビットの関係。ボブが父親に受けていた信じがたい虐待。chanedとは、鎖。負の連鎖。血の連鎖。

そういった映画でした。

監督はジェニファー・リンチ。
あの鬼才デヴィッド・リンチ(「イレイザーヘッド」「ブルーベルベッド」「ツインピークス」「マルホランドドライブ」などなど、不可解で難解かつ心を揺さぶられる映画を撮る、素晴らしい監督です)の娘。
否応がなしに父親と比べられるchanedを表したものかもしれないね。
比べちゃかわいそうだから、比べない。
前々作「サベイランス」も嫌いじゃない。今後に期待したい監督です。

星4