ビール片手に映画ナイト☆オブ・ザ・デッド

↑このくまたんを押してもらうと、他のレビューが見れます。ホラー・サスペンス・コメディ・カルト・ミニシアター系を主にほぼ毎晩観ています♪ゾンビLove♪スプラッターLove♪音楽とかわいいもの、ビンテージものもLoveです♪ 過去に観た作品のレビューをゆっくりゆっくり他場所から移行しつつ、新しいのもアップしていくつもりです。なので時系列がめちゃくちゃですみません。

『シー・オブ・ザ・デッド』

シー・オブ・ザ・デッド [DVD]
ブラジル産ホラー映画。
「デス・マングローブ」と同じ監督ロドリゴ・アラガオン。

2014年鑑賞

え~っと、ストーリーは………(笑)
ベテラン漁師のパウロだかぺテロだかが、吊り上げた人魚もどき血みどろ物体にかまれて。家に帰って、ゾンビもどきに変身!!
その一方で、パウロだかぺテロだか(もう、パウロでいいや)が吊り上げたアカエイを食べた、新装開店ストリップ劇場の人たちが、またゾンビもどきに変身!
実は、その汚染は海からきていたのだっっっ!!
ストリップ劇場で料理番として働くパウロの美人妻インジアラは、生き残れるのか??!!
インジアラに恋するアウビノは、彼女を助けられるのか??!!
そして、最後にど~~~~~~ん!!


って、話なんだけど、
まあとにかく、とにかく、とにかく、血みどろ(笑)(笑)(笑)
赤と黒の血みどろ!!! 誰が誰だかわからない血みどろ!!!
だから、ぶっちゃけストーリーとかどうでもいい(笑)
血のオンパレード!! 汚い汚いっっっ(笑)(笑)(笑)
ジャケに書いてあったけど、6トンだかの血のりを使ったらしいよwww


でもね…
ストーリーとは関係なく、ブラジルの漁村地帯の貧しさを感じたりもした。
それは、前の「デス・マングローブ」でもひしひしと感じたんだけどね。
貨幣が、レアルでなくクルゼイロを使ってたから、昔の時代背景なんだろうけど、それにしても、なんかね。
アルビノの従業員の事をアウビノって名前で呼んでバカにしていたり…

と、映画のバカさに反して、ちょっと考えたりもしてしまった。

ロドリゴ・アラガオ監督の、吸血怪獣チュパカブラも見なくてはっ!!

デス・マングローヴ   ゾンビ沼 [DVD]
http://mikimickle.hatenablog.com/entry/2015/02/10/190555