ビール片手に映画ナイト☆オブ・ザ・デッド

↑このくまたんを押してもらうと、他のレビューが見れます。ホラー・サスペンス・コメディ・カルト・ミニシアター系を主にほぼ毎晩観ています♪ゾンビLove♪スプラッターLove♪音楽とかわいいもの、ビンテージものもLoveです♪ 過去に観た作品のレビューをゆっくりゆっくり他場所から移行しつつ、新しいのもアップしていくつもりです。なので時系列がめちゃくちゃですみません。

『ぼくを探しに』

ぼくを探しに [DVD]
『ぼくを探しに』
原題『アッティラ・マルセル』


2歳の時に両親と死に別れて以来一言も話さないポール。
ピアニストの彼は、あくの強い叔母2人と暮らしている。33歳。
あるとき、盲目の友人を追って偶然入った同じアパルトマンの不思議な部屋。
そこは部屋中に植物が植えられていて、光輝いており、マダム・プルーストという女性が住んでいた。
彼女が差し出したのはハーブティー
頭の中に眠る記憶を呼び覚ます、不思議なのハーブティーだった…
蘇る両親との思い出。
それ以来、叔母の目を盗んではマダム・プルーストの部屋へ通うポールの記憶を取り戻す日々がはじまる。
しかし、思い出はすべて良いものとは限らず…


『ヴェルヴィル・ランデブー』『イリュージョニスト』のシルヴァン・ショメ監督作品。
プロデューサーは『アメリ』などののクローディー・オサール

監督はアニメーション作家の人。
だから映像がカラフルで可愛らしい♪特にイッチャッテル時のポールのみる記憶なんかは絵本の世界っぽくてポップ♪カエル合奏団とか(笑)
マダム・プルーストの部屋も、ウィリアム・モリスのような壁紙から、床が畑に改造されてたりとか、奇妙でたのしい♪

登場人物も良い♪
大人しいポールと筋肉ムキムキの父親アッティラ2人を演じたギョーム・グイ。両極端な二人をきちんと演じていてすごい‼悲しげなライトグリーンの目が良い♪
マダム・プルーストもかなり個性的で、粗野だが優しい。キュート♪素敵っ♪ つか、脱法ハーブ屋だしねw
叔母2人もおかしい。(ちなみにこのうちのひとり、2013年に亡くなったベルナデッド・ラフォンに捧げられてるんだけど、その追悼シーンが良くてさぁ♪劇中のシーンのワンカットなんだけど、くすんだ海の風景は美しいし、楽しいし♪)


『アメリ』感、ある‼笑いあり、ほっこりしつつも、両親の死や恐れを抱く父の謎とき要素もあり、涙あり、処 女と童 貞の攻防戦あり(笑)、脳内トリップあり、愛に溢れた映画でした♪

星4.7

ウクレレ弾きたい‼マダム・プルーストの弾くウクレレが素敵過ぎる♪←これ、この映画のポイント。
手が小さいから、ギターは限度がある。
ウクレレ欲しい。