読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビール片手に映画ナイト☆オブ・ザ・デッド

↑このくまたんを押してもらうと、他のレビューが見れます。ホラー・サスペンス・コメディ・カルト・ミニシアター系を主にほぼ毎晩観ています♪ゾンビLove♪スプラッターLove♪音楽とかわいいもの、ビンテージものもLoveです♪ 過去に観た作品のレビューをゆっくりゆっくり他場所から移行しつつ、新しいのもアップしていくつもりです。なので時系列がめちゃくちゃですみません。

『インサイド・ヘッド』

f:id:MikiMickle:20150824014719j:plain

『インサイド・ヘッド』
原題『inside out』裏返し
ディズニー・ピクサーアニメーション
劇場にて。
監督はピート・ドクター(『モンスターズインク』『カールじいさんの空飛ぶ家』)


まず、これは頭の中の話。ヨロコビ・カナシミ・イカリ・ムカムカ・ビビリの5つの感情が頭の司令塔であれやこれやと奮闘しながら生きていくという事を可愛らしいキャラクターで擬人化している作品。
その頭の中の試行錯誤と、現実に起こっていることが同時進行で描かれています。

11歳の女の子ライリー。楽しい思い出いっぱいのミネソタからサンフランシスコに引っ越して不安いっぱい。でも、ヨロコビの前向きで幸せな感情と共にうまく乗り切れそうなはずだった。
しかし、カナシミが大切な喜びの思い出ボールに触った途端、それが悲しみに満ちた思い出と変わり… それを止めようとしたヨロコビは、カナシミと大切な思い出ボールと共に、司令塔の外に飛び出してしまう…

大切な思い出ボールは、ライリーの性格を形成する上で欠かせないもの…そして、心のヨロコビとカナシミがいなくなってしまったライリーはどんどんと心のバランスを崩していく…

ヨロコビとカナシミは司令塔に戻れるのかというドキドキアドベンチャーエンターテイメントを軸に、人が生きるという事を考えさせられる映画でした。


まず単純に、性格を形づくっている島(家族の島や友達島)や、イマジネーションの世界、夢の製作スタジオ、こどものくに、思考の列車、深層心理なんかの頭の中の世界が、まるで遊園地のようでかなり面白く、そしてかなり深い。
あ~‼なるほどと納得できるように視覚的に解りやすく脳内テーマパークを表現しています。ワクワクと共に勉強になる♪
思い出ボールがヨロコビの黄色やカナシミの青、イカリの赤などで表現されているのもとてもわかりやすい‼

司令塔で話している事や行動がライリーの行動にそのまま出るのも見ていて楽しい。イカリ、押さえて~‼とか、やっぱりそこはムカムカの出番なのね、とかヨロコビうまくやったね‼とか。

アドベンチャーの中で出会うあるキャラクター。
人間は忘却の生き物で、何かを代償にして生きていくんだけど、このシーンでまじで号泣しました。あとから自分自身の事を考えて、これを書きながらまた泣きました…

これはライリーの成長の物語でもあります。そして、自分自身の人生を振り返る“私”、そして“あなた”の物語です。

頭の中では、自分を幸せにしようと必死なんだ。それは誰しもそうなんだ。

最初、かなりイライラさせられるカナシミは生きていく上で必要なんだ。
そして、イカリやビビリやムカムカも同じように必要なんだ。
カナシミがあるからヨロコビがあるって事は大人ではわかりきった事だけれど、それをとてもわかりやすく感動と共に子供に伝えています。素晴らしいです。
そして、大人にとっても深く心に訴えるものがあります。むしろ、大人向けだと思う。
お父さん、お母さんの頭の中とか、男の人が話を聞いていないメカニズムなんかはそうなんだと苦笑い、その時の女の気持ちが「わかる‼」と笑えるし(それ以外でも色々と。)、
また、前述したように忘却と大人の階段に涙し、人格形成の事を考えると「親」というものの重要性をひしひしと感じます。いかに幸せな思い出を作っていくのかと…
そして、なぜカナシミが暴走したのか。それは頑張らなきゃいけないと押さえつけたからなのです。
このライリーちゃんを思って、ラストでまた泣きました。

そして、物事はただひとつの感情では図れない。
成長にしたがって様々な感情が入り交じり人格を作っていくのです。


この先、ライリーの頭の中がどんな風になっていくのかもっと見たくなるし、
自分の頭の中も覗きたくなる♪
5つの感情たちが今どんな話をしているのかなと想像するだけで楽しい♪

最後、様々な人の頭の中をちょっと覗き見できるんだけど、それがまた楽しくて、猫なんかすごく納得できる♪
表面上と脳内のギャップに、それぞれの人の苦悩も感じとることができます。
そして、赤ちゃんの時は映像で流れるけど、殺 人者や痴ほう症の人はどんな感じなんだろうと…制御できない欲望とかはどう現すのだろうかとか色々考えて、沢山の余韻を残す映画です。

とにかく、子供向けでなく万人に向けての映画です。

星5

本編前の短編『南の島のラブソング』、素敵な話でした。カナシミとヨロコビ、まさしく本編に繋がる話で、ちょっと泣いた。
その前のドリカムの歌の映像はあまりに酷くてクソマーケティングに笑いをこらえるのに必死でしたw



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村