読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビール片手に映画ナイト☆オブ・ザ・デッド

↑このくまたんを押してもらうと、他のレビューが見れます。ホラー・サスペンス・コメディ・カルト・ミニシアター系を主にほぼ毎晩観ています♪ゾンビLove♪スプラッターLove♪音楽とかわいいもの、ビンテージものもLoveです♪ 過去に観た作品のレビューをゆっくりゆっくり他場所から移行しつつ、新しいのもアップしていくつもりです。なので時系列がめちゃくちゃですみません。

『呪われたジェシカ』

呪われたジェシカ [DVD]

『呪われたジェシカ』
1971年アメリカ映画
監督ジョン・ハンコック


夕陽や朝日、どちらかの美しいオレンジの光を浴びてボートに乗る女性。
煌めく水面。
「これが現実に起こったことなのかとても信じられない。夢?悪夢?狂気か正気かわからない」との声。

暗いピアノの音とともに『Let's Scare Jessica To Dearth』の赤い題名。

棺桶らしきものを運ぶ黒い霊柩車に乗る男女。
引っ越しの途中の墓地で墓石を嬉しそうにトレースするジェシカ。墓石の絵と文字に興奮している。
そして、田舎には医者がいないと喜ぶ。
そこでみる白い服を着た謎の少女…

ここまで開始5分。この雰囲気だけでこれが良い映画だとわかる。



夫ダンカンと友人ウッディーと共に、全財産をはたいて田舎に引っ越してきたジェシカ。
夢見るのは農場で開放的に生きる自分達。
しかし、引っ越し先でさっそく謎の人影を見る。普通なら怖いのに、仲間もその姿をみたと聞き、笑顔になって喜ぶジェシカ…
そして、度々聞こえる声。「なぜここにきたの」「血よ、ジェシカ」と…

人影は、この家が廃墟だと思って住んでいた家出娘だった。彼女エミリーと意気投合し、同居する事となるが、ダンカンが彼女を気に入っているのが気がかりでならない。

どうやらジェシカは精神を病み、半年入院していたらしいのです。
その為に、自分が見たものが幻像ではないとわかると喜ぶのです。

しかしながら、彼女は謎の白い女性を目にします。入江で皆で遊んでいるときに水から浮かび上がってくる女性…
恐怖におののくも、誰にも言えない…
これを言ったらまた精神がおかしいと思われてしまうと、笑って誤魔化すのです。
幻聴も幻像も、誰にも言えない…

一方で、町に出てみると、住人たちからの疎外感が恐ろしい。あからさまな嫌悪感。ほぼ無言で、集団的圧力をかけてくる…
これは田舎独特の閉鎖的なものなのか。
しかしみんな、どこかしらに包帯をまいている…

骨董屋で知る、家の元住人のアビゲイル・ビショップという女性。挙式前に溺死したが死体は発見されていない。そして、吸血鬼伝説…
ジェシカの見る白い服を着た女性はアビゲイルなのか…

ある時、「ジェシカ ついてきて」と彼女を呼ぶ幻聴が聴こえます。
そして、手招きする白い服を着た少女。そして、みつけた無惨な死体。
しかし、夫を連れてきたところ、その死体はなくなっているのです…
あぁ、またも精神病が疑われてしまった…
夫婦関係までもぎくしゃくしてしまいます。


誰も理解してくれない…
言ったら病院に送り返される…
でも、私の頭がおかしいのか…
私が見たものは事実なのか…
何事もないふりをして、楽しく振る舞わなければ…
そして、幻聴とともに聴こえる、自分自身の頭の中の声。

美しい田舎の景色は白昼夢のよう。
その後も不可解な事や恐ろしい事がジェシカの身の回りにおこって行きます…
静かに…じわりじわりと…


ジェシカ役のゾーラ・ランパートが素晴らしいです。
病気への自負。誰にもわかって貰えない苦悩と切迫感と緊張感と混乱の中、無理して作ったような痛々しい笑顔と、無邪気さ。

自由奔放で謎に満ちた怪しげな女性エミリー役のマリクレア・コステロも良いです。とろんとした憂いに満ちた目が魅力的であり、怖い。


音楽も、ピアノとアコースティックギターの暗いもので、不安感と悲しみに満ちている。シンセの不協和音も不気味。

派手さはないものの、まとわりつく不気味で妖艶な雰囲気、さりげない演出で恐怖を駆り立てられました。


ラスト、これは見る人によって様々な解釈が出来ると思う。
ただのホラーでは全くない。
冒頭とラストにあるように、「夢?悪夢?狂気?正気?」なのです。
オカルティル・サイコ・サスペンスかもしれないし、全て妄想と捉える事もできる。

是非、観ていただいて、自分なりの解釈を見つけて欲しい作品です。

星4


私の解釈としては、霊柩車、墓石への憧れ、棺桶だと言っていた楽器のケース、アビゲイルの写真を売りたがらない事などからして、ジェシカが「死」に対しての憧れがあると思うので、これは死後の話の可能性もあると思うのです。あくまで可能性。もっと考察が必要。


あ、原題。「死ぬまでジェシカを怖がらせよう」なの?「死ぬほど」?それとも「死ぬ事を恐れさせよう」?どれ? あぁ…英語、かなり得意だったのにどれかわからない…(T^T) 誰か、教えて…



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村