ビール片手に映画ナイト☆オブ・ザ・デッド

↑このくまたんを押してもらうと、他のレビューが見れます。ホラー・サスペンス・コメディ・カルト・ミニシアター系を主にほぼ毎晩観ています♪ゾンビLove♪スプラッターLove♪音楽とかわいいもの、ビンテージものもLoveです♪ 過去に観た作品のレビューをゆっくりゆっくり他場所から移行しつつ、新しいのもアップしていくつもりです。なので時系列がめちゃくちゃですみません。

『ゾンビ・ガール』

f:id:MikiMickle:20160117030423j:plain

『ゾンビ・ガール』
シッチェス国際映画祭のファンタスティック・セレクション
at ヒューマントラスト渋谷 2015年10月26日鑑賞


ホラーショップで働くホラー大好きマックス。
彼女のエヴリンとラブラブだけど、彼女はエコ命の女性でか~なりの焼きもちやき‼ エヴリンと同棲を始めるも、なんかうまくいかない。
別れ話を切りだそうとした時、エヴリンが交通事故で死んでしまう。
僕のせいで…と悲しみにうちひしがれるマックス。
元気だせよ~‼と、異母兄弟のトラヴィスの勧めで行ったナイトシアターで、再び出会った女性オリビア。彼女は、ホラーなアイスクリーム屋を営んでおり、以前マックスと意気投合したのだが、エヴリンが異様な嫉妬のため、罵声を浴びた事があった。

心を病むマックスを癒してくれるのは、話も趣味も完璧にあうオリビア
恋に落ちる二人♪

しかし、死んだはずのエヴリンがなんと甦ってしまう(笑)
さぁっ‼マックスは、ゾンビ癇癪もちエヴリンと、感性のばっちりあうオリビアとの、その板挟みだよっ‼って話。

彼女がゾンビになるっていうと最近は『ライフ・アフター・ベス』があったり、その逆のゾンビ男と人間の恋の『ウォーム・ボディーズ』や、『ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春』(←これ、大好き)があったりとしたけど、
この映画の面白いところは、マックスが「エヴリン、やっかいだなぁ…困ったなぁ…」って思ってるところ(笑)
心優しいマックスだから、ゾンビ彼女に気を使うし、いつも誤魔化し誤魔化し(笑)
そもそも彼女が甦ったのは、店に届いた謎の悪魔の像の前で「永遠に一緒にいますように」と願ったためで、エヴリンは、マックスも死んで甦って、二人の永久の愛を♪と願っている。ヤバイ、このままでは殺される~‼(笑) それだけは阻止したい‼
で、更に誤魔化し。
リビアにばれては困るから、さらに誤魔化し‼

その苦悩が面白いのです(笑) まぁ、早く別れを切り出しなよぉとかも思うんだけど、そこのいじいじする感じがまた面白いw ほんと、優柔不断なダメ男よ(笑)


で、とにかく、主要の4人が個性豊かで面白いのっ♪

マックス。家の中はホラーポスターで飾られ、落ち込むときは古典ホラーを観るという生粋のホラーオタク♪ いつか自分のお店を持ちたいと思いつつ、エブリンには反対されている。キックボードにヘルメット(たぶんbellのやつ)で、なんか可愛いんだよね~♪
演じるアントン・イェルチンは『オッド・トーマス』でも頼りないけど頼れるみたいな感じだった。
ダメダメな変な奴感が親近感が沸く♪優柔不断だから、これが彼氏だったらイヤだけどね(笑)

リビア。パンクとホラーを愛する女性。素直で、自分をしっかり持ち、天真爛漫♪でも、かつて過去に恋愛の痛手を負っているから臆病で控えめでもある。マックスへの恋心がすごく可愛いの♪
てか、パンクとホラー好きって事で、いやがおうでも自分と重ねあわせたりしちゃうよね(笑) 趣味があう人と話せて嬉しくなっちゃったりするよね~、わかるよ、オリビア‼(笑)

トラヴィス。
一見してモサいのに、何故か女にモテる。ナンパした女を、自分の家に連れて帰りたくないから、マックスの家にお持ち帰りしてばかりいる(笑) 故にエヴリンからことごとく嫌われているけど、憎めない良いやつ♪
彼はたくさん活躍しますっ♪道化師的役だけど、かなりの存在感‼ いちいち面白い♪

で、エヴリンね(笑)
エコに命をかけてる完全菜食主義。
マックスの事が好き好きすぎて、メンヘラ系。部屋を勝手にエコまみれに改装したり、ほんとにいたらかなりうざいんだけど、なんだか憎めないw
そこの憎めない感じと邪魔くさい感じのバランスがとても良いと思う。ただ、怒ると凶暴すぎて恐いw
段々とゾンビ化して、皮膚が剥がれていくのも面白い♪

でね、ホラー好きにはたまらない小ネタがかなりちりばめられていますっ‼‼
マックスとオリビアが再び出会うナイトシアターも『キャットピープル』と『私はゾンビと歩いた』の、ジャック・ターナーの二本立て‼
墓場で『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を上映したり♪
トラヴィスが見ているDVDが、H・G・ルイスの『ゴア・ゴア・ガールズ』っ♪きゃ♪

リビアの営むアイスクリーム屋のメニューの名前もホラー感たっぷりでかなり楽しいです♪
ごめん、忘れちゃったけど、ホラー好きとしてはワクワクするネーミングセンスなの♪

もうね、ホラーファンをわしずかみなのよっっっ‼

あと、防腐剤ゲロ、ブッシャ~ねっ‼ 面白すぎる(笑) もうね、ゲロがある映画でつまらない映画はないからねっ‼(笑)


ジョー・ダンテ監督は、『ピラニア』や『グレムリン』で有名。あと『ルーニー・テゥーンズ』や『ハウリング』、『メイフィールトの怪人たち』とか。
あ、イーサン・ホークの『エクスプロラーズ』とそうだっ‼
ホラーとコメディの微妙な合間をぬってたけど、あんまりパッとしなかった監督です。でも、10年ほどの前のテレビシリーズ『マスターズ・オブ・ホラー』の中の『ゾンビの帰郷』では、社会批判があり、とても面白かった♪
マスターズオブホラーを観れる状況にある人、是非全部見ていただきたい。私もまた全部見直したい。


↑ほんとは、この映画たちのリンクを全部張り付けたいんだけれど、余裕がなくてごめんなさい。



エコ命女よりもホラーパンクオタク女の方が良いぜ‼っていうジョー・ダンテの気持ち、ありがたや~、ありがたや~‼‼‼ マイノリティー女に希望をくれました(笑)



ちょっと熱くなっちゃったけど、ホラーファンじゃなくても単純に楽しめる、お気楽ホラーコメディだよんっ♪
グロは少な目かな

星4.4



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村