ビール片手に映画ナイト☆オブ・ザ・デッド

↑このくまたんを押してもらうと、他のレビューが見れます。ホラー・サスペンス・コメディ・カルト・ミニシアター系を主にほぼ毎晩観ています♪ゾンビLove♪スプラッターLove♪音楽とかわいいもの、ビンテージものもLoveです♪ 過去に観た作品のレビューをゆっくりゆっくり他場所から移行しつつ、新しいのもアップしていくつもりです。なので時系列がめちゃくちゃですみません。

『ファンハウス 惨劇の館』

ファンハウス惨劇の館(〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD]
1981年 トビー・フーパー監督作品

4人の男女がカーニバルに行く。
調子にのって、そこのお化け屋敷(fun house)で一夜を明かそうとするが、偶然、フランケンのお面をかぶったカーニバルの一員が仲間の女占い師を殺害するところを目撃してしまう。
そして、その男と父親に、ひとりひとりと追い詰められていく………


簡単なストーリーながら、舞台が移動カーニバルということで、場末感、猥雑感たっぷり。ストリップ劇場とかね。
たとえば、前半での見せ物小屋のシーン。本物の奇形の牛(口が割れていたり、頭が二つあったり)が登場したり、奇形胎児のホルマリン浸けが展示してあったり。

不気味な浮浪者がでてきて大声をあげたり。

後半のファンハウスでは、機械仕掛けのモンスターたちや人形が不気味さを一層増す演出に一役かっており、細かなカット割でそれらを見せて恐怖をあおる。

その犯人の男は、実はフリークスで、まぁ、ジャケのやつなんだけどね。
特殊メイクだけどね。
フリークスものって、人権問題的に、フリークスが悪者になることは少ないのだけれど(『フリークス』も『悪魔の植物人間』も悪というか復讐とかだし。あ…『バーサーカー』があった‼小人症の人が皿投げてくるやつ‼)、今回は犯人。

父親にしいたげられるフリークスの犯人が切ない。悪魔のいけにえレザーフェイス同様、異形なるものの哀愁と悲壮感、やり場のなさが、いたたまれない………

今回も、トビー・フーパーは、直接なグロやショッキングシーンがそれほど無いにも関わらず、恐怖を感じさせてくれる。
ラストシーン、緊張感が素晴らしい!!
歯車が二つ重なりあうところなめのアングルからのヒロインの恐怖の顔!!
ぎ~~ぎ~~となりながら頭上をまわるチェーン。悪魔のいけにえでもそうだけど、音やカット割りで魅せるなぁ♪

星5


っていうか、これ、TSUTAYAでわざわざお取り寄せしたやつなんだけど、見た事あるだろうな~~って思いながら注文したら、やっぱり見た事あった(笑) かなり前に。 でも、面白かった♪


『フリークス』

http://mikimickle.hatenablog.com/entry/2015/06/05/141138

フリークス [DVD]

フリークス [DVD]

『悪魔の植物人間』

http://mikimickle.hatenablog.com/entry/2015/02/12/153820

悪魔の植物人間 [DVD]

悪魔の植物人間 [DVD]

バーサーカー

バーサーカー [DVD]

バーサーカー [DVD]

悪魔のいけにえ

悪魔のいけにえ [Blu-ray]

悪魔のいけにえ [Blu-ray]

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
a href="http://movie.blogmura.com/movie_horror/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村