ビール片手に映画ナイト☆オブ・ザ・デッド

↑このくまたんを押してもらうと、他のレビューが見れます。ホラー・サスペンス・コメディ・カルト・ミニシアター系を主にほぼ毎晩観ています♪ゾンビLove♪スプラッターLove♪音楽とかわいいもの、ビンテージものもLoveです♪ 過去に観た作品のレビューをゆっくりゆっくり他場所から移行しつつ、新しいのもアップしていくつもりです。なので時系列がめちゃくちゃですみません。

『ネスト トガリネズミの巣穴』

ネスト [DVD]
『ネスト トガリネズミの巣穴』
スペイン映画。
監督はファンフェル・アンドレスとエステバン・ロエル。初長編映画。
製作はアレックス・デ・ラ・イグレシア監督(『気狂いピエロの決闘』『スガラムルディの魔女』『刺さった男』など)

アパートで二人きりで暮らす姉妹。
母は死に、父は戦争で行方不明に。
年の離れた妹をひとりで育て上げた姉のモンセは、精神を病み、父の幻想に悩み、広場恐怖症で外に一歩も出られない。
妹は18歳になったが、自分を産んだことで母が死に、それを自分で攻め続けている。
外で妹が男性と会っているのを窓から目撃したモンセは、彼女を激しく折檻するのだった。
しかしある日、上階に住むカルロスが階段から落ち、助けを求めてくる。
モンセはこっそりと彼を部屋で介抱するのだが…


姉がカルロスに恋をしているのを知っていながら、めかし込んで彼の横たわるベッドに行く妹。
そこにあるのは、抑制された生活への鬱憤と性欲、若さゆえのものなのだけれど、女同士の愛と憎しみと挑戦と、複雑な思いを感じてならない。
同じく、妹に対する変質的な愛情を抱えるモンセも。
そして、この思いは全編を通して感じる事であるのです。

ずっとサスペンスで進むこの作品。
後半にホラーが待っています♪ 笑ったね♪ヤッホーと笑ったね♪ 突然のB級色にときめいたね♪
それまで、サスペンスとしては正直突っ込み所もあった。が、これによって全て帳消しっ‼ なるほど、これはそういう話だったのかぁ♪ イグレシア監督が製作してるだけあるな♪ 笑った笑った♪
と、思ったところで、また話はサスペンスに戻り、
そこからなかなかの展開になります‼


なんで妹は警察に電話しないんじゃ‼っていう突っ込み所も、複雑な心境であるが故のものだと思うのです。
辻褄があわないところもあるが、それは彼女らの精神状態のおかしさからくるのではないかと。

この映画で大事なのは時代背景です。
多分1950年代初頭のスペイン。14年前に父が戦争で消息をたったという事から、スペイン内乱後の話なのだとわかります。フランコ政権の抑制された時代の中、カトリック信者として女としての欲望を閉じ込めてきた女二人の、鬱憤の深さ。それを考えた上でこの映画は見るべきです。


冒頭、姉の読むおやすみの為の本であった聖書が怖かった妹。
なぜ怖かったのか。それは姉の気持ちが伝わったからなのだろうと、後から感じます。

エンドロールにモルセの祈る手が何度も出てきます。
彼女の手はずっと気になっていたけれど、そこにも深いものを感じました。

ずっと名前のでてこない妹。
レビューを書くにあたってずっと気にしてたけど、でてこない。
何故なのかも考えさせられました。



この映画も、ラストありきなので、ネタバレになるから何にも言えない。言い過ぎてしまったかもしれない。「エスターを凌ぐ」ほどの衝撃のラストではないけど、それでもほどよい衝撃があります。


一言でいうならば、良く考えられた密室サイコサスペンスの佳作♪
『白い肌の異常な愛』や『ミザリー』や、楳図かずおの『おろち』などの漫画的要素がありつつ、
それだけではいかないハチャメチャなホラー要素。
で、A級ではないのに、深く考えさせられる。

で、とにかく、モルセ役のマカレナ・ゴメスの演技が素晴らしい。狂気と異常性と迫力と悲しみがありました。

星4弱


スガラムルディの魔女 Blu-ray

スガラムルディの魔女 Blu-ray

刺さった男 Blu-ray

刺さった男 Blu-ray

気狂いピエロの決闘 [DVD]

気狂いピエロの決闘 [DVD]

白い肌の異常な夜 通常版 [DVD]

白い肌の異常な夜 通常版 [DVD]


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村