読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビール片手に映画ナイト☆オブ・ザ・デッド

↑このくまたんを押してもらうと、他のレビューが見れます。ホラー・サスペンス・コメディ・カルト・ミニシアター系を主にほぼ毎晩観ています♪ゾンビLove♪スプラッターLove♪音楽とかわいいもの、ビンテージものもLoveです♪ 過去に観た作品のレビューをゆっくりゆっくり他場所から移行しつつ、新しいのもアップしていくつもりです。なので時系列がめちゃくちゃですみません。

『ハッピーボイス・キラー』

f:id:MikiMickle:20151018005146j:plain

『ハッピー・ボイス・キラー』
原題『The Voices』
監督はマルジャン・サトラピ。(『チキンとプラム』など。←未見) イラン出身の女性監督。

バスタブ工場で働くジェリー(ライアン・レイノルズ)。
彼は飼い犬と飼い猫なんかの動物とお話が出来ちゃうの♪
正義の犬ボスコと、悪魔的に毒舌を吐く猫のMr.ウィスカー。
でも、なにやら心に闇を抱えていて、精神科に通い、何かから立ち直ろうとしているの。
そんな時、恋する経理係のフィオナ(ジェマ・アータートン)にデートをすっぽかされ、でもまた良い感じになったのに、間違って彼女を刺しちゃうっ‼ うげうげ血を吐くフィオナを 「ごめんよ、ごめんよぉ~‼」って言いながら、ぐっさぐさ刺しちゃう(笑)(笑)(笑)
家に帰ったジェリーは、「警察に行くべきだワン」っていう犬の声でなく、「事故だなんてあれだれ刺しといてムショ行きはまぬがれないぞ、男どもに何年もほられるぞ。隠蔽工作しなきゃだめだにゃ~」との猫の声に従い、フィオナを運び、丁寧にタッパーに小分けして(笑)、その頭を冷蔵庫にin♪ するとね、フィオナヘッドもお喋り始めますよっ♪←ここら辺のシーン、最高に笑える♪
そんな中、フィオナの同僚のリサ(アナ・ケンドリクス)はジェリーに行為を持ち…

最初はポップでキュートな感じのコメディ♪
工場のテーマカラーがかわいいピンクだし、
すっぽかされた店の、似せ口パクアジアンプレスリーとか偽ブルース・リーとかウケる♪

かと思いきや、事態はどんどん悪化していき、そのポップの中にブラックと狂気が入り交じってきます…

ジェリー、処方されたお薬を飲まないの。
なぜ薬を飲まないのか、それは現実が見えてしまうから…美しい世界にいられなくなるから…
一度薬を飲むんだけど、その時に見る光景がかなりきつい‼
なので、その後に楽しいポップな雰囲気でも、その時に垣間見た現実を想像してしまって、恐いし切ないし不気味。
直接的な残酷描写があるわけではないのに、その想像で、見ていてとても複雑な気分になる。
重い……

そして、胸も苦しくなる
なぜなら、ジェリーが純粋であるから。
デートすっぽかされてポロポロ泣いちゃうんだもん(笑)
恋する「泣き虫バッハ」なんだもん(笑)←子供の時のあだ名。ドイツ生まれだから。もうひとつはソーセージ坊や(笑)
壊れたボンネットを工場の段ボールとピンクのテープで直してたり、なんだか可愛らしい。
彼の過去も切ない…

精神分裂症のサイコさんの頭の中を覗いた映画‼
何を考えて、どう展開していくのか、よくわかる‼

ポップで楽しく可愛らしくあり、孤独と狂気とブラックユーモアとシリアスで恐ろしくもあるサスペンスであり、『アメリ』のような現実と幻想を行き来するものでもあり、
なんともなんとも不思議で独特で、カオティックな映画です‼

悪の声・善の声、誰しもが持つ二面性。『アメリカン・サイコ』でもその二面性が、『マニアック』ではその葛藤がでていたけど、それをこういったカオスで描いているのは、それだけで面白い。
サイコさんをコメディタッチで描いた映画はあれど(『シリアル・ママ』とか)、ここまでカオスなのはあんまりないかも。

ほんと、独特。

これを見ている時の私の表情、コロコロ変わってた‼ うわぁ…ってなり、ニコニコになり、笑い、真剣に考え、で、なんじゃこりゃ~‼のエンドロール‼
「sing a happy song」‼ こんなにダサくて最高のエンドロールは見たことないわ(笑) 口、あんぐり‼からのニヤニヤ‼
で、次の曲での「give me a hug」の歌詞… 泣けるし…

エンドロールを見ていたら、犬も猫の声もライアン・レイノルズ‼すごい‼
彼の演技、良かったなぁ~♪ 真剣な顔してるのに笑っちゃう(笑) なのに突然怖い。

アナ・ケンドリクスはエンドロールで美声をさらしてくれるも、隣のジェマ・アータートンと比べて大きい頭と短い足がださくて可愛らしい。ちょっとうざい恋する乙女役がはまってた(笑)


リアルシリアル・キラーの事を深く考察してみると、彼の行為はまだ序章に過ぎないのだが、この映画はそういうのじゃなく、
重い題材ながら、「なんなの、この映画www」を単純に楽しんで欲しい、カオティックカルト映画です♪
あ~♪変な映画っ♪好きっ♪

星4.5


sing a happy song, sing a happy song~♪♪♪


@シネマート新宿
わざわざこれを見る為に東京に行ってよかった♪


イラン出身女性監督作品だと、これも良かったです♪
『ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女』
http://mikimickle.hatenablog.com/entry/2015/09/24/204624

f:id:MikiMickle:20151018010950j:plain


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村